Copacabana.

Good Day,and Good Monochrom.

Page189:銀座で試したマグニファイアの話。

f:id:RYCOM76:20181224155933j:image

写真は×1.25倍のマグニファイアを装着して試し撮り。ピント精度はだいぶ改善する。

 

LEICAプロフェッショナルストア東京でM10のセンサー簡易清掃を行いに訪れたが、そのやり取りを少しばかり報告を。

今回はLEICAの事で色々と見たい聞きたい事だらけで所謂総本山巡り。来店時には非常に親切に対応していただき、LEICAって値段が高いという先入観で観るとちょっと誤解があると思うぐらいサービスが充実している。勿論お茶出してくれたりのようなサービスではなく、写真の文化を楽しむ為のサービスが充実しているという印象。

 

センサークリーニング以外にも僕が確認したかったのは、ポートレートを撮る際に発生するピントの甘さをマグニファイアで解決出来るなら。とずっと考えていたので、今回その事もスタッフの方へ相談した。その時に撮るスタイルだったり、どんな撮影が主だったりと軽いコンサルトを受けるようなイメージだね。

 

この写真は相談を受けてお勧めされた倍率、1.25倍のマグニファイアを装着して撮影した。LEICAの輪郭にしっかり合っていて良いね。もう一つの倍率は1.4倍が有るのだけれど、拡大されたフレームが50mm枠が微妙な感じでちょっと窮屈。もともとレンジファインダーを選んだ理由というのも、フレーミングがやり易い。というメリットがすごく大きいし、倍率をいじるというのは以外と勇気がいるもの。なのである程度ピントが合わせ易くなれば充分かな。

 

その他にもフィルムのMP触らせてもらったり、レンジファインダーのメンテ時期など白衣を着た方(ビビったけど)から細かく教えて頂いたり。夕方からはGINZA SIXで石井靖久さんの写真展示や、購入できる写真を紹介してもらったりと半分はLEICAセミナーの上京だ。

 

僕の様な個人に対してこれ程細かく、カメラ機器のことについて話してくれた機会は今まで無かった。手を抜こうと思えば幾らでも接客なんて手を抜けると思うが、嫌な顔せず対応してくれたことにLEICAスタッフの方には改めて感謝したい。プロフェッショナルを支える日本のLEICAの屋台骨としての意識の高さを垣間見る訪問だった。

f:id:RYCOM76:20190120001233j:image

追記:この訪問の後にマグニファイア×1.25を購入した。実際のピント合わせは非常に楽になり、ポートレート大好きな人向けの?瞳フォーカスもできるように。場面に応じてある程度ピント精度を上げたいニーズには合致する小物としてお勧めしたい。