Copacabana.

Good Day,and Good Monochrom.

Page215:ローテクノロジーな写り。

f:id:RYCOM76:20190212185256j:image

シャープな写りに慣れてしまうとローテクな写りを感じる描写が時に恋しくなるが、写ルンですやロモなどを買う程の情熱はない。

となればiPhoneアプリの出番で”Polca”というトイカメラアプリが中々ツボだった。

フィルムライクに描写するアプリは幾らでもあるが、このアプリはシャッターを押した時間で光漏れや写真そのものに傷が付いてくるという、少し毛色が違うアプリだが使うとこれが面白い。

f:id:RYCOM76:20190212185704j:image

日付が入る、というのも自分的には好みで「そう言えば昔こんなの撮ったよな」的想いが蘇ってくる。

f:id:RYCOM76:20190212193251j:image

この光漏れの描写なんかも結構リアルに再現されて、パターンは複数あるそうで自然な感じ。フィルムもそうだが、蓋を開けて見ないと分からない的偶発要素が魅力なのでその辺りがこのアプリはよく考えられている。

f:id:RYCOM76:20190212193636j:image

来月の旅行にはこのアプリにmomentのテレコンやワイドを併せて、標準画角や広角でのスナップを撮る予定。ここまで再現されたら正直良いコンデジ買うより、iPhone買った方が実際幸せなんじゃないかって思う。

 

因みこれで無料というのは有り難いよね。モノクロ版もあるんだけど、光漏れのグラデーション感が味わえるから個人的にはカラーが良い。カメラアプリのPolca、お勧め。