Copacabana.

Good Day,and Good Monochrom.

Page269:ライカQに戻ろうか。

f:id:RYCOM76:20190402034941j:image

最近、LEICA Qの方に戻ろうかとずっと悩んでいる。

 

レンジファインダー、特にMモノクロームは今までのカメラでは一番楽しい機種なんだけど、仕事絡みで実用度が高いカメラの方に移行せざる得ない状況に一度リセットしてQ2行っても良いかなって。ライカMはポンポン買えるような機種でもないし、ある種所有する側もストイックさを求められるような印象もあるから、少々バランスを整えて写真を楽しみたい。という想いもある。
f:id:RYCOM76:20190402034951j:image

1枚目の写真はライカQの50mmクロップ、正直充分だ。下のバナナは通常の画角なのだが、最近自身のカメラ選びの基準というものが解像度やボケや硬さ具合などを楽しむというより構図を大事にしたいという熱量が強い。もし75mm程度が欲しいのならSIGMAもすごく優秀だし、カメラ機器よりも写真の出口の部分に力をかけてゆきたいんだよね。デジタルネガからバライタ紙で印刷するのにも感動してしまって、これならライカMに拘らず出力しても素晴らしい。というのも先の東京観光で学んだというのも大きいか。

 

もう一つの理由は、まだまだ我が家庭は子供らも手を離れていないし人生色々と体験をさせてあげたいから、カメラ中心に熱を上げるよりも少しばかり大人目線で写真ライフを。という感じ。気心変わりやすいからどうなるかは分からないけど、概ねその傾向が強くなってる新年度。

 

環境はまだまだ変える、まだまだ変わる。その先に獲得できるのが何かは分からないがライカでライフスタイルが変わる、というのは僕個人の実体験としては間違いはないと感じる次第だね。